March 21, 2020

 二月中旬から世間を騒がせる新型コロナウィルス。学校が休校になったり大相撲や野球なども無観客興行、多くのイベントが中止、延期要請で自粛モードが蔓延している。片田舎にある零細店にはさしたる影響も感じられない。普段から静かな場所と大掛かりな集客のための企画が練られた大型施設との差は歴然だろう。危険を察知した庶民は安全そうなところに自然と心と身体が向かうようだ。それでもちょっと人の気配が恋しくなるのは、5歳のチコちゃんが教えてくれた「人間は群れで生きる生き物だから」らしい。  お彼岸前の定休日、甘夏と橙を収穫しついでに、久しぶりに自宅生垣...

February 23, 2020

今季は異常なまでの暖冬傾向だが、店にとって良いこともあれば困ったこともある。
例年だと暮れには地酒國香の純米酒粕が入荷する。このジェラートを心待ちにしてくれる常連さんは多い。東京などの遠隔地から帰省するお客は初詣とこれを目当てに来店なさる。ところが暖かすぎて良い酒が絞れないと言う事情で時期がずれ込んでしまった。そして酒粕ジェラートも、機を逸してしまった。同様に苺の花付きが悪く、高値で取引が続いている。採算割れになるのでもう少し値が落ちてからと思ううち、どんどん季節が移ってしまった。ダウンを着る必要もない過ごしやすい冬だが、寒暖のメリ...

February 15, 2020

今年の冬は暖かい
冬の大三角オリオン座のベテルギウスが霞んで見える
新型肺炎の猛威に気後れしたか
奇麗な満月の夜、月に照らされた自分の影におどろく
人工の光源に囲まれて複雑な影に感覚が麻痺していた
満月に照らされた影はやわらかい
アトリエでは紅はるかが美味しく焼けて満月ふたつ

 

February 3, 2020

柑橘系は夏場に食べたいんだけど、収穫はほぼ冬場なんですよ。青島みかん、レモン、ポンカン、甘夏などなど。今日は近所の農家さんに分けてもらったポンカンを絞ります。面倒でもこのように半切りにしてフレッシュジューサーで手絞りします。手を抜いていい加減に絞ると気になる雑味が出てしまうからです。袋や筋にも栄養はあるらしいけど風味をたいせつにしたい。もうじき甘夏も収穫し始めます。自分ちの庭で育てているからもちろん無農薬です。

October 28, 2019

今年も津軽から渋谷さんの無農薬栽培の紅玉が届きました。
 今年は野草広場さんに12kg分けていただいた。日本中天候不順が続いて今年の作柄を心配したがきれいに色づき安心した。
 今年は少し加工法を変えてみるつもり。少し手間が増えるが楽しい仕上がりになるような気がする。これも無農薬のリンゴだからこそチャレンジできる技だと思う。添えたレモンも国産無農薬だから安心です。

October 2, 2019

 

2019年10月1日 消費税率が上げられた。批判をかわすためか新たに軽減税率も導入され8%と10%が混在する仕組み。この厄介な仕組みを机上で指示するのは地図上に1本の線を引いてここに道路を作れ、トンネルを掘れ、橋を渡せと命令するに似て易いが、現場は大混乱だ。
 うちのような零細でもシングルコーン一つ買うのに、店内で食べますか?持ち帰りですか?と一々訊ねてレジ操作するのが建前とか。店の外まで行列のできる時期、たった一つのジェラートにありつくために我慢して我慢して列に並ぶ庶民の健気さよ。赤子は泣き、年寄は立っているのもやっとというに、...

October 1, 2019

猛暑に追われてブログ更新も久しぶりです。その間、幸水梨、いちじく、とうもろこしと地産食材の加工にてんやわんやしました。9月末からは人気の渋皮栗が始まりました。かぼちゃや焼き芋も日替りで出しています。秋の恵みも欠かせません。

June 30, 2019

可睡ゆりの園が開園中だけのお楽しみ。

ゆり根をポートワインにつけてジェラートにする。

ゆり根の風味をそのまま届けたいところだが、

スタート時に迷いながらこの加工方法にしたところ

次の年も、次の年もこの味付けのリクエストが止まない。

今年は7月7日までご用意しております。

June 15, 2019

近年、この地域の主流品種は甘々娘(かんかんむすめ)。

久しぶりに【ゴールドラッシュ】が手に入った。

ジェラートにするには昔ながらのゴールドラッシュが良いと思う。

作者の思いとは裏腹に市場は新しもの好き。

生産者も高く売れるものを作る傾向があるのは仕方ない。

苺も女峰から章姫、紅ほっぺからきらら香へ移る。

来年はきらら香一本でいくと生産者から寂しいお言葉。

酸味と赤み、女峰の再来を望むが 時代が許さない。

May 27, 2019

今年もゆり園 7月7日まで期間 開園です。

今年は開花も少し遅れ気味とか。

見頃は猛暑前の6月中旬頃でしょうか。

暴風雨に見舞われない限り

可睡斎の風鈴まつりが8月末まで開催中です。

焦らず欲張らず、のんびり気分で

熱中症に気を付けてお出かけください。

去年の6月下旬の 園内画像を添付しました。

 

 

Please reload

特集記事
最新記事

March 21, 2020

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

〒437-0061

静岡県袋井市久能2952-1 可睡齋門前

TEL/FAX:0538-43-7766

※メールでのご連絡はCONTACTボタンを押して

専用フォームからお願いいたします。

 

木曜・第三水曜定休

(祝日の場合、営業します)

10:00~17:00(11月~3月末)

 10:00~18:00(4月~10月末)