• Genki

ラムレーズンを漬ける


皆が帰った工房でひとりラムレーズンを漬ける。  二種類のレーズンを手揉みして洗い殺菌。

 何度もすすぎ洗いして小枝を取り除きながら水気を切る。

 シロップを作ってレーズンを投入し粗熱を取って酒類を入れていく。  2種類のラム酒、2種類のワインを自己流配合で注ぎ、  今ではちょっと贅沢になったバニラビーンズの鞘を入れて混ぜ合わせる。

 たったこれだけの作業だが 後は時間に醸す役をバトンタッチ。  レーズンのフルーティーな養分が酒に溶け込み。

 酒のアルコール分と不思議な力がレーズンに入り込む。  徐々にお互いがお互いの力を引き出し融け合ってラムレーズンが漬かる。

 時間の経過と共に それぞれの旨味が変化し、  その時々の風味を楽しめる。浅ければフルーティに、深ければ重厚に、  その時その時の風味をお客さんに楽しんでもらうのが うち流なり。

#ラムレーズン自家製法ラムレーズンジェラート

0回の閲覧

〒437-0061

静岡県袋井市久能2952-1 可睡齋門前

TEL/FAX:0538-43-7766

※メールでのご連絡はCONTACTボタンを押して

専用フォームからお願いいたします。

 

木曜・第三水曜定休

(祝日の場合、営業します)

10:00~17:00(11月~3月末)

 10:00~18:00(4月~10月末)